読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サリーのきもち。

29歳独女サラリーマンの、日々のうんぬん。

何が「清潔」か「不潔」かの区別ほど、根拠なく判断しているものはないかも。

徒然論

まず、前段。

 

以前、こんな記事を書きましたが。

sally-no-kimochi.hateblo.jp

 

兎にも角にも、日々の生活の中には、

きちんとロジック建てて説明することのできない

「自分ルール」で溢れている。

上記ブログで紹介したfacebook記事の、「5センチルール」のように。

 

 

考えてみた。

このてのケンカって、とかく女性に非があると言われがちだと思う。

男性の方が、ロジック思考に優れていて、

女性の方が、感覚的・感情的、という見解のもとで。

 

専業主婦の場合、ビジネス現場に携わっていないから、

余計に、ロジックだてて説明をするという訓練がなされておらず、

「理由のつかない言い分で、男性を責め立てる」という構図が出来上がる。

 

ほんと?

ほんとに、男性は、日常生活のあらゆることを、
ビジネスのように説明することができるというのか?

 

結論としては、非常に怪しいとおもう。

 

 

本題。

 

疑問を抱いたサリーは、

日常生活における、「自分ルール」みたいなものを、列挙してみた。

すると、「清潔さにおける自分ルール」が、非常に多い気がしてきた。

なので、今日はそれに絞って振り返ってみたいとおもう。

 

たとえば。

 

私は、ベッドの上に、かばんを置くのは嫌だ。

汚い気がする。

でも、ジーパンで寝そべるのは、仕方ない気がしている。

もー、脱ぐ間もなく、バサッっていきたいとき、あるから。

 

おそらく、菌の量を量ったら、大して変わりないはずなのだが。

 

 

スーツケースのタイヤを拭かずに、室内に持ち込むのは嫌だ。

あいつは土足と同じだ。

でも、折りたたみ式物干しスタンドに洗濯物を干し、

ベランダに置いて日光にあててから、

室内にとりこみ、しばらくそのまま置いておくことはある。

 ↓こういうやつ

 その場合、足はわざわざ拭かない。

 

 

枕カバーは、週1ペースで洗う。

そのペースに、根拠はない。

 

 

 家で洗濯できる衣服は、もちろん定期的に洗うが、

クリーニングに出さなきゃ洗えない衣服は、

めったにクリーニング屋に行かないので、なかなか洗わない。

ファブリーズで済ませていて、よしとしているが、

家で洗濯できる衣服との、ペースの差は歴然である。

 

でもなんか、「そういうもん」ってことになってる。

 

 

家に帰ってきたら、手洗いうがいをするけれど、

営業から会社に帰ったとき、手洗いうがいなんてしない。

そしてそのまま、手づかみでお菓子を食べたりする。

 

 

こういうことって、男性もないの??(゜-゜)

 

あるけど、こと家のルールは、

奥さんのほうがベースになったりするから、

要求者が女性になることの方が、多いだけかな。 

 

改めて列挙してみて思ったけど、

「自分ルール」の、根拠のなさたるや。

 

 人間、すんごいテキトーだなー。

 自分は何事にもマトモだなんて、死んでも思わないようにしよっと。(╹◡╹)