読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サリーのきもち。

29歳独女サラリーマンの、日々のうんぬん。

「〇〇ちゃんは若いからいいわね。私なんてもうオバサンだから・・・」←これ言って誰トクだよ。

サリーは現在29歳、今年ミソジになる。

 

最近、マイブームは、おさげである。

おさげといっても、編んだあと、部分部分引っ張り出して、
オシャレな感じにした、おさげ。

 

今日、会社のデスクが隣の男子(26歳)に、
ひまつぶしに話しかけた。

 

「あのね、最近おさげがマイブームなの。
 もうミソジになるのに、おさげマイブーム。笑。
 までもさ、年に抗っていこうと思って。」

 

と言ったら、

 

「ぇいや、全然変じゃないっすよ。
 ウチの嫁なんて、32ですけど、ぜんぜんあれ、なんつーかこどもですし、、、」

 

と、なんとなくよくわからない空気で言われ、

 

あ、気を遣われている。

 

と思った。

 

そのニュアンスは、私が実際に似合っている似合っていないとかいう話じゃなく、

私が、年を気にしているとも捉えられるような発言をし、
その意味あいだけが、フォーカスされ、
「そんなことないですよ。」と、言わざるを得ない流れ。

 

 

わたしは、ちょっと前までは、会社では最たる若手扱いであった。

そうすると、おツボネな諸先輩方が、言うのだ。

 

「いいわね、〇〇さん(←サリー)は、若いから肌もきれいだし」

「私は年だからもうアレだけど、〇〇さんならまだ若いから余裕よ」

「私なんてもうね、こんなおばさんじゃだめよ、でも〇〇さんなら喜ばれるから」

 

・・・・・

このてのことを言われて、返すことなんてすべておなじだ。

 

「えー▲▲さん(←発信者)、何言ってるんですか肌めちゃめちゃ綺麗じゃないですか!」

 

「そんなことないですよーもう最近すごい肩こりひどくてー、、、
 えってか▲▲さん、こないだゴルフスコアすごかったらしいじゃないですか!!」

 

「全然ですよーてか▲▲さんネイル変えましたよね?前のも可愛かったけど今回結構シンプル系いきましたねーこれも超かわいい!」

 

・・・・。

 

ようは、相手を持ち上げることに、全力を尽くす。以上。

 

 

こんな薄っぺらいコミュニケーション、誰得なんだ。
サリーは大嫌いだった。
若い子に対し、「あなたは若くていいわね私なんて、」という、
気しか遣わせない、なにもたのしくないアプローチをするオバサンには
絶対になるものかと思った。

 

ならば、

「あなたは可愛いはね。でも私もまだまだイケるわよ。ふっふー♡♡」
とチャーミングに言われた方が、よっぽど魅力的で、付き合いやすい。

 

でもね。

 

そろそろミソジになるサリー。

最たる若手、でなくなってきた今、

若い子に、年の差ネタをフックにした話題をふる気持ちも、
わかってきた。

 

単純に、年の差って、感じる。
体力の差、肌つやの差、フレッシュさの差、バイタリティーの差。
いやはや、すごいなーっておもう。

 

そして、こちらからして、たいして話のネタもなかった時、
そういった話題は、便利でもある。

 

しかし、そんな話題を、嫌味ない雰囲気に仕立て、表現することって
けっこう難しい。

言い方次第で、簡単に、若さへの嫉妬やひがみのように受け取られかねない。

 

また、便利だからといって、軽く言ってしまったものの、
若い子の反応により、傷つくこともある。

こちらが、なんの嫉妬心もなく、単純に思って言っただけでも、
なんだか気を遣われて、持ち上げられちゃったりすると、
ずいぶんと年寄り扱いされた気がして、いい気分がしない。

 

日本は、若さの価値が異常に高い国。
年をとることに、極端にネガティブな国。

 

仕方ないのだ。
上記のような会話が、両者気持ちいい形で成立することなど、
ほぼないと思ってしまった方がいい。

 

今日の、隣の席の男の子に言った、おさげネタも、よくなかった。

 

 

なんだか、女性の年齢について、こんなに敏感になる社会はナンセンスだな。

 

でもいまこの社会に生きている以上、仕方がないから、

年下の子に、変に気を遣われないように、

このての話は、避けようと思っている。んだ。

 

 

 にゅーん。