読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

サリーのきもち。

29歳独女サラリーマンの、日々のうんぬん。

予定を詰め込まないと、不安なんです。

夜ご飯をひとりで食べる日は、

2ヶ月に1度、あるかないかです。

 

 

「予定がない。」

この日に向かうにつれ、不安になる。

だから、先々の予定もどんどん埋めていく。

 

このヘキ、なんなのかな?

捉えようによっては、

「なんだかものすごい孤独を抱えているのではっ!」、とか。

「心の闇が私を追い込んでいるのではっ!」、とか。

 

そんな可能性も、あるのかもしれないが。

 

 

 

ひとりの時間がないとダメな人って、いるじゃないですか。

わたし、それあんまりないのです。

誰かとずっと一緒にいることが、苦にならないのです。

 

寂しがり屋

ってことになるのかもしれないんだけど、

このことば、あんまり自分にしっくり馴染まないです。

「それ!そう、そのことば、あたしのこと!」って、ストンとこない。

 

 

このヘキは、寂しさが原動力なのかな?

 

そもそも、心のなかの口癖に、「さびしい」がない。

「さびしいなー」って、わざと言わないんじゃなくて、

そういう習慣?選択肢?が、そもそもない。


自分の感情に対して、

「うれしい」「たのしい」「いらっとする」等は

すぐにラベリングできるし、そのことばを心のなかで呟きもする。

うれしいなーとか、たのしいなーって。

 

 

でも、「さびしいなー」って、言わない。

 

自分の不快感や、もやっと、ずんってこころに乗る重みみたいな、

名前のついていないものは、

実は、さびしさ君 だったり、するのかなぁ。

 

 

うーん、、、、

 

可能性はなくないが、やっぱりしっくりこない。

 

 

私はきっと、人一倍、人と会話しているから、

たまってくるネタの多さだったり、こころを読む術だったり、

そういうものは、人より持っていると思うし、

それは誇りでもある。

だからこのヘキを、さして問題視していないし、

治そうとも思っていない。

 

 

でも結構、極端な特性だから、

表裏一体の裏面には、何かはあるのだろうと。

興味はある。

 

悩んでは、いない。

ぼんやーり、たまに、思いを馳せる。